FAQs 日本語

イベント Event

  • 参加者のプロフィールを事前に作成することができますか?

    現在は参加者のメールアドレスをシステム上に手入力する方法以外に、参加者のプロフィールを事前に作成する最適な方法はございません。但し、個人の登録手順は簡単です。メールアドレスとパスワードを入力するだけで、Remoプロフィールを作成することができます。

    参加者プロフィールを事前に作成することはできません。参加者自身がプロフィールを作成し、イベントに入場した後に経歴や自己紹介などの情報を追加する必要がある。イベント開始時間の前に参加者にプロフィール設定の時間を設けることをお勧めします。

  • ネットワーキング・イベントで、絞り込み検索はできますか?

    チャット機能から特定の参加者を探すことができます。参加者名は検索できますが、絞り込み検索することはできません。

  • Remoでは同時にワークショップを開催することができますか?

    はい。Director、Producer、Studioプランにおいては同時にイベント又はワークショップを開催することができます。

  • ポーリング(投票)機能はありますか?

    現在はRemoの投票機能がございません。

  • イベントの自動送信確認メールをカスタマイズすることができますか?

    現在は、参加者に送られるRemoメールをカスタマイズすることができません。参加者にカスタマイズされたメールをお送りになる場合は、Remo emailsを無効にして、通常ご利用のメールサービスを経由してメールを作成・送信することができます。なお、ご自身でメールをお送りになる場合、イベントのリンクをお忘れにならないようご注意ください。

  • チャット機能をミュートにできますか?

    現在はチャットをミュートにする機能はございません。

プレゼンテーション Presentation Mode

  • スピーカー、参加者、イベント・マネージャー/アドミンの違いはなんでしょうか?

    スピーカーはプレゼンテーション・モードで発言権を持つことができます。また、会話モードではステージに登壇することができます。

    参加者はプレゼンテーション・モードで発言することができません。イベント・マネージャー/アドミンがステージに招待しない限り、ステージに登壇することができません。

    アドミンはアドミン権やアクセス権限を有します。アドミンは、参加者の削除又はブロック、ステージへの追加又は削除、アナウンスの送信、タイマー機能の利用、プレゼンテーションの録画、テーブル名の変更などの権利を有します。

  • ステージに同時に登壇できるスピーカー数は何人ですか?

    Remoではd8画面を同時に開くことができます。それは画面にはプレゼンター(スピーカー)の画面又はシェアスクリーンの画面を表示することができます。

  • 何故ステージは(イベント会場の中心にあるが)プライベート・エリア(会話モード)として設定されているのでしょうか?

    Remoカンファレンスの中心部はスピーカーセッション、パネルディスカッション、キーノートスピーチがプレゼンテーションモードの際に行われる場所です。会話モードでは、ステージエリア/テーブルは舞台バックステージ/グリーンルームの役割を果たしており、その中でスピーカーやホスト(主催者)が話し合うことができます。従って、参加者はこのグリーンルーム/ステージテーブルに入ることができません。

  • 複数のホストがいても大丈夫ですか?

    はい。Directorプランにおいては最大3名のホスト、Producerプランは最大10名のホスト。

  • バーチャル・イベントへの入場料を管理するシステムはありますか?

    いいえ。現在はRemo専用の支払いシステムはございません。但し、RemoをEventbrite やeventXtraなどの外部イベント管理システムと併用することができます。

  • タイマーが終了したらどうなりますか?

    ブラウザの上部のタイマーバーの色が緑から赤に変わります。全員のイベント参加者がそのタイマーを見ることができます。

  • プレゼンテーション・モードになると、会話はできなくなりますか?

    はい。プレゼンテーション・モードが始まると、参加者もプレゼンテーション・モードに切り替わります。ホストが会話モードに切り替えない限り、参加者は会話モードに戻れません。

テーブル Table

  • イベント・マネージャーは事前に参加者を指定のテーブルに配置することができますか?

    いいえ。現在は参加者を特定のテーブルに配置することはできません。参加者はRemoイベントに参加した後、ランダムなテーブルに配置されます。但し、テーブル名の変更やイベント参加者への席案内は会場用のテキスト・メッセージを通じてアナウンスすることができます。

  • イベント・マネージャーは参加者を移動させることができますが?

    いいえ。現在参加者を他のテーブルや座席に移動させることはできません。参加者が自由にテーブルを回れるようにしております。

  • イベント・マネージャー又は参加者はテーブルを他の参加者が入れないようにロックすることができますか?

    いいえ。現在イベント・マネージャーはテーブルロックし他の参加者の出入りを制限することができません。なお、よりプライベートな会話ができるように座席数を減らしたテーブルをデザインすることはできます。

  • 座席数を変えることはできますか?

    全てのプランにおいて、お好きなデザインのフロア・プランを作成することができます。さらに、座席数の6席より減らすこともできます。なお、各テーブルの座席数はプランによって変わりますので、最新のプラン情報はこちらでご確認ください。

  • テーブル内の会議を録画できますか?

    いいえ。現在はテーブルの録画機能はございません。プレゼンテーション・モードのみにおいて録画できます。

  • テーブル数を変えることはできますか?

    はい。テーブル数はご自身でデザインされたフロア・プランをアップロードすることで変えることができます。但し、席数はHostプランで最大4席、Director及びProducerプランで最大6席、Studioプランで最大8席となっております。

  • Studioプランのカスタム・イベント・ブランディングについて教えてください。

    ランディング・ページにおけるイベントのカスタム・ロゴ

    イベント・ダッシュボードのカスタム・ロゴ

    カスタム・ドメインの設定

    カスタム・フロア・プランのデザイン

  • Studioプランに含まれていないものについて教えてください。

    Remoのログイン・ページにはRemoのロゴが表示されます。

    参加者、スピーカー、イベント・マネージャーに送られるメールにはRemoのロゴが表示さます。(招待メール又はイベントのリマインダーメールの送信をオフにすることができます)

    「Need help?」 のテクニカル・サポート・アイコンにはRemoのロゴが表示されます。

    詳細についてこちらの記事をお読みください。

フロア Floor

  • フロア・ラベルを変えることはできますか?

    いいえ。現在フロアのラベル(名前)は変更することはできませんが、各フロアにあるテーブル名を変えることができます。

  • 全てのフロアにおいて同じプレゼンテーションが発表されるのですか?

    はい。フロアを問わずすべての参加者は同じプレゼンテーションを見ることになります。参加者は、プレゼンテーション・モードに切り替わった場合、他の参加者と会話することができません。(プライベート・チャットなどのチャットのみできます)

  • 今後プライベート・ルームは追加されるのでしょうか?

    現在プライベート・テーブル又はプライベート・ルームのようなものはございませんが、お客様は2席のみのテーブルを含むフロア・プランを作成することができます。

  • 一つのイベントにおける最大スポンサー数はいくつでしょうか?

    Remoがご提供するデフォルトのフロア・プランでは、プランによって3-6のダイナミック・スポンサー・バナーを追加することができます。なお、お客様独自がデザインされるフロア・プランにおいては、スタティック・イメージ(画像のみ)のバナーを追加することができます。

  • フロア・プランの作成方法について教えてください。

    フロア・プランの作成及びアップロードについてこちらのリンクをご参考にしてください。Remoの有料プランをご登録されているお客様はカスタマイズされたフロア・プランをアップロードすることができます。

    お客様のチームにフロア・プランをデザインできる方がいらっしゃらない場合、Remo推薦のパートナーをご紹介します。お問い合わせはashwin@remo.coまでお願いします

ご請求やお支払い Billing and Payment

  • 月額プランはいつでも解約することができますか?解約ポリシーについて教えてください。

    月額プランについてはいつでも解約できます。アカウントを直ぐに停止する「即解約」又はアカウントが次回の請求日までご利用いただける「契約更新日に解約」のどちらかを選択してください。プランの解約手順は以下の通りです。
    画面左上のメニューから「Settings」をクリックし、「plan & billing」の「Cancel Subscription」をクリックし、解約手続きを行ってください。プランの解約手順はこちらのリンクからご確認できます。

  • イベント直前又は際中にプランをアップグレードすることができますか?

    アップグレードはできますが、その際にRemoのシステム更新に時間がかかるため、イベント直前又は際中のアップグレードはお勧めしません。アップグレードをお考えの方はイベント開催する最低一週間前にアップグレードを行い、新機能やアドミン・パネルをお試しください。

  • 毎月の料金はいつ引き落とされますか?

    Remoプランへのご登録から30日後に引き落とされます。プランを請求サイクルの途中でアップグレード又はダウングレードされる場合は、日割り計算になります。

  • 月額プランと年払いプランの違いを教えてください。

    月額プランでは月額料金が毎月引き落とされますが、年払いプランはRemoにご登録された日に一年分の料金が引き落とされます。

  • Remoの決済方法について教えてください。

    現在はStripeを通じたクレジットカードのお支払いのみ承っております。

  • 非営利団体(NPO)や教育施設に対する割引はありますか?

    今のところ非営利団体に対する割引や特別価格はございません。

  • Remoの払い戻しポリシーについて教えてください。

    Remoのサービスにご満足いただけない場合、月額プランではご購入から3日以内、年額プランでは30日以内であれば返金申請を行うことができます。詳しくはTerms of Serviceの5.Refund Termsをご確認ください。